家出 高校生 行き先

高校生が家出するときはどこに行く?行きそうな可能性のある場所を全部あげてみる

興信所の選び方

 

高校生が家出をする場合、初期段階であれば金銭的な問題からその行動範囲は狭いことが予想されます。

 

そして、たいていの場合は友人を頼りにし、友人の家にかくまってもらうなどの動きを見せることになります。

 

そのため、友人のところに行く可能性が極めて高いということを頭に入れておくことが大切です。

 

友人に断られた場合、次の行き先は彼氏や彼女のところが多く、その次がバイト先といったように、距離感の近いところから遠いところへ段々と流れていきます。

 

金銭的な問題もあり、そう長くは単独で行動できないため確実に接触しようとします。

 

家出で気をつけたいのは、計画的に家出を行った場合です。

 

この場合は前々からバイトなどでお金をためて、長期間家出をしても大丈夫な準備をしていることもあり、すぐに見つけないと長期戦を余儀なくされます。

 

また、その土地土地で仕事を見つけ、住み込みで働いてしまうとますます見つけにくくなってしまいます。

 

家出の場合、初期捜索が鍵を握るため、接触の可能性のある人物をすべてピックアップするだけでなく、警察や探偵などを総動員して捜すということが求められます。

 

この場合、事件に巻き込まれた可能性も十分にあるため、大事にしたくないからと躊躇していると、後悔することになってしまいます。

 

高校生はどうして家出をするの?家出の原因と家出人の心理

興信所の選び方

 

家族のいない所に行きたいという傾向がよく見られるのが高校生の家出です。

 

家出というのは、何も新しいものではなく、どんな時代にもありました。

 

例えば昭和の始めにおいても、家出人を探す新聞広告がよく出ていたものです。

 

読んで字のごとく、家を出ると書かれたこの行動は、子供であれ大人であれ、それまで一緒に暮らしていた家族から離れたいというのが第一の動機であると考えられます。

 

例えば大人の場合は、借金であるとか、何らかの事情で家族に迷惑をかけたくない場合です。

 

それに対し未成年である高校生などの場合は、そうした利害関係とは別に、家族と離れること自体が目的である場合が多いのです。

 

大人になりたい

 

では未成年が家出する時、どんな事を考えているのでしょうか。

 

高校生くらいになれば、進学であれ就職であれ、自分の将来像というものが切実になってくる時期です。

 

二十歳を過ぎ大人になれば、それまで両親に保護されて生活していた頃のように、他人に依存して暮らすことはもう許されなくなります。

 

したがって多くの人は、実社会に入る前に、自分が本当に自活して行けるかを試してみたいと思うようになります。

 

そうした心理に至るきっかけは、人によって異なります。

 

例えば身近な兄弟姉妹が自立していく様子を見ている場合や、スポーツや勉強を通じて、憧れの人物に出会った場合も、そのきっかけになりえます。

 

こうして家族、特に両親の影響のない場所で、本当の自分の能力を試したいというのが、家出の大きな理由の一つとなると考えられるのです。

 

信頼できる探偵