家出 子供

以前より家出の行動範囲は広がっているのと同時に事件性も増している

子供の家出

 

子供に家から出て行けとつい言ってしまい、本当に子供が家出をしたというケースは少なからず経験しており、ある種の通過儀礼とも言えます。

 

以前は行動範囲が狭く、近くの公園や近所を単にウロウロしているということが一般的でした。

 

しかし、最近ではスマートフォンの登場などですぐに連絡しやすく、友人の家、さらには友人を誘いだし、近くの喫茶店やファストフード店に行くなど、行動範囲が広まりつつあります。

 

そのため、交友関係を把握しておけば、ある程度の目星がつくということになります。

 

ここで気をつけておきたいのは、家出をした直後に何者かに連れ去られる、もしくは家出をした先で何らかのトラブルに巻き込まれるというものです。

 

こうしたタイミングでの連れ去り事件、後に事件につながるケースはたびたび発生します。

 

そのため、すぐには発見できないという場合には、警察にすぐ届け出を出す、そして同時に探偵に家出調査をしてもらうということが必要になります。

 

特に突発的な家出の場合には、準備があまり出来ていないため、行動範囲も限界があります。

 

にもかかわらず、見つからないという時は何らかのトラブルに巻き込まれている可能性を考えたほうが自然であり、自分たちの手で探すのは無理があります。

 

警察は事件性がないと動いてくれません。かといって、ただ待っているだけではどんどん所在確認がとれる確率は下がっていきます。

 

ただの家出とタカをくくらずに、1週間超えて連絡がなければすぐに探偵や興信所へ家出調査の依頼を検討するべきです。

 

信頼できる探偵

 

まずは心当たりから

子供の家出

 

自宅周辺を探すことから始めましょう。

 

子供が家出をしていまうこともあります。

 

両親に怒られたりして、自分の家に居場所がないと感じると出ていきたくなるものです。

 

子供が家出をした時に真っ先にするべきことは、自宅の周辺を探すことと言えます。

 

子供の足では、そこまで遠くには行けません。

 

お金を持っていれば、電車でどこかへ行ってしまう可能性もあります。

 

近所の人にも見かけていないか確認した方が良いです。

 

普段から近所の人と仲良くしていれば、情報を教えてくれる可能性が高いと言えます。

 

近くの公園にいることが多いので、まずは探しに行きましょう。

 

変な人に声を掛けられてしまうと危ないので、すぐに探すことが大事です。

 

携帯電話に電話してみるのも当然の手です。

 

携帯電話を持たせているなら、まずは電話をかけてみましょう。

 

すぐには出ないかもしれません。

 

GPS機能を普段から付けていれば、居場所がわかることもあります。

 

電話には出なくても留守電に伝言を入れておけば、聞いてもらえるものです。

 

怒られていると感じると、自宅に帰りたくはありません。

 

優しい声で留守電に話しておくと良いです。

 

電話に出てもらえるなら、怒っていないことを伝えてすぐに帰るように言いましょう。

 

家出をした時の為に、携帯電話を持たせると良いです。