家出 危険

子供が家出をしてから約1週間以上連絡がないと黄色信号

家出人探しは探偵へ

 

子供が家出をする理由は様々ですが、子供の気持ちを考えるようにすることで防ぐことが可能です。

 

子供が家出をしてしまう原因として、両親からのしつけが厳しかったり、家庭内のルールの束縛が厳しいのに対して抗議としてするパターンも多いです。

 

家の居心地が悪いと何度も同じことが続くことがあるので、子供の気持ちを汲み取って、しつけやルールの束縛が厳しすぎるのが原因の場合は、ルールをゆるくするなどして、家の居心地を改善する必要があります。

 

家出をする子供の行動範囲は、金銭面や車を運転できないこともあり限られています。

 

家を出てから行く当てがないけれど、すぐに戻りたくないこともあり、近くの公園やコンビニ、友人宅や漫画喫茶などで時間をつぶしてから家に戻ることも多いので、子供が仲の良い友人の家などで、子供が見つかるケースも多いです。

 

ただ、ネット上には家出をした中学生や高校生などが、宿泊先の提供を呼びかける書き込みをしている危険なサイトもあり、顔も名前も知らない大人に、宿泊先と食事の提供を条件にみだらな行為を強要されたり、犯罪に巻き込まれることもあります。

 

子供が家出をしてから約1週間以上連絡がないと所在確認できる確率は一気に減るといいます。

 

そうなった場合、事件や犯罪に巻き込まれている可能性もありますし、すでに県外にいる場合も多いです。

 

「そのうち戻るだろう」というような楽観した考えではなく、数日経って連絡がなければ早期に探偵などに調査を依頼して子供を見つけ出してもらうことでトラブルを防ぐことができます。

 

信頼できる探偵

 

大人の家では自殺の可能性が高い

家出人探しは探偵へ

 

成人の家出については子供の家出とはまた状況が違います。

 

大人になってから家出した場合、犯罪に巻き込まれる可能性や自殺の可能性がない限り、警察に捜索してもらうのは難しいです。

 

小さい子供や病人、高齢者が家出した場合や、事故や犯罪に巻き込まれる可能性がある場合などは、特異家出人と判断されて警察による捜索が行われます。

 

大人が家出した場合、どこにも行き場がなく、精神的に参ってしまって自殺する可能性もあります。

 

しかし、遺書が残っている場合は、捜索してくれる可能性がありますが、遺書もなく自殺の可能性についてわからない場合は、捜索は難しくなります。

 

そういう場合は探偵か興信所に調査を依頼することが唯一の頼みの綱となるでしょう。

 

 

現在の日本は、10代で家を飛び出す若者が増えています。

 

そのような若者の中には、お金がなくなって犯罪に手を出したり、犯罪に巻き込まれたりする人もいます。

 

と同時に大人の家でも非常に増えているのです。

 

そして、大人の家では子供の家出と違って犯罪や事件性だけでなく、自殺の可能性が非常に高いことでも知られています。

 

 

家を出た人を探す場合、早期発見が大事です。

 

早期に発見できない場合、調査が長期化することもあります。

 

そして、調査が長期化すると、見つかる確率も大きく下がりますし、調査費用の負担も大きくなってしまいます。

 

人によっては、時間の経過によって外見が変わってしまう人もいますので、まずます調査は難航します。

 

家庭内の問題を興信所などの調査機関に持ち込むことを躊躇する人もいますが、大きなトラブルにならない前に調査を開始することが大事です。

 

信頼できる探偵