家出 娘 息子

家出の原因が家庭内なのか家庭外なのか

家出する子供たち

 

娘・息子が家出をするきっかけは家庭内にあることも多いです。

 

娘や息子が家出をする場合、そのきっかけが家庭内にあることがあります。

 

 

例えば、親が口うるさいと、精神的にまいってしまい、そういった行動に走ってしまうことがあります。

 

また、ちっとも関心を持ってくれなくて、寂しさから気を引いたりするために家を出るといった行動パターンもあるものです。

 

その他にも受験に失敗してしまった時に、追い詰められた感じになってしまったり、成績が悪くなってしまった時に、やはり同じような感情を抱き、家出をするといったことがあるものです。

 

親からの期待に応えなければならないというプレッシャーが、こういった思い切った行動に走らせてしまうことがあるわけです。

 

 

では、逆に家庭以外のところにもある娘・息子が家出をするきっかけとはどういったものでしょうか。

 

娘や息子が家を出てしまう理由は、家庭以外のところでもあるもので、よくあるのが交友関係によるものです。

 

例えば、いじめにあっていたりすると、どうすることもできなくて家を出てしまうことがあるものです。

 

 

頼れる人がいないとこういったことになりがちですから、常に気にかけてサポートすることが大切と言えます。

 

また、友達からちょっとした家出をしたという話に刺激を受けて、同じような行動をとるパターンもありますから、どういった人たちと付き合いがあるかも気にしておきたいところです。

 

特に注意したいのは認知症高齢者の失踪

家出する高齢者たち

 

高齢者が失踪した時の行動には、様々なパターンがあります。

 

高齢者の失踪といっても、失踪の理由に心当たりがある場合とない場合、家出した人物が精神的に何ら問題がなかった場合など様々なパターンがあり、それぞれの場合で行動パターンは異なります。

 

たとえば借金取りに困っていたというような場合は、借金取りから逃げてどこかに隠れていることが多いので、とても自分では見つけることができません。

 

そのような心当たりが全くない場合には、事件に巻き込まれたか衝動的に家出をしたかのどちらかになりますので、警察や興信所にお願いすべきことになります。

 

 

特に注意すべき認知症の高齢者による失踪です。

 

認知症になっている方が失踪した場合には対応が難しくなります。

 

認知症になると欲求や目的意識ははっきりとあるのに、合理的な判断ができなくなりますので、失踪したように見えても目的地に着くのが遅いだけだったというときもあれば、途中でトラブルに巻き込まれている可能性もあります。

 

トラブルに巻き込まれている場合には早急に発見しなければ、最悪の事態になる可能性もありますので、近くの興信所にお願いして探してもらうというのも良い方法です。

 

興信所は人の探し方を熟知していますのでいざというときには頼りになります。

 

信頼できる探偵