家出調査 費用

費用相場は20〜30万円程度も難易度によって大きく変わるのが家出調査

家出調査は探偵事務所へ依頼

 

探偵に家出調査や人探しを依頼した時の費用・料金の相場ですが、平均は1案件20〜30万円程度です(比較的難易度が低い場合)。

 

もちろん、家出してからの期間の長さや情報量によって難易度が変わりますので、実際には依頼してみないとわからない部分があります。

 

浮気調査などと違って家出調査や人探しは料金の幅が大きいと言われますので、複数の探偵や興信所から見積もりをとるべきでしょう。

 

 

家出人の行方が不明というときには、早急にどこにいるのかを探さないと心配ですが、自分だけで探すのは難しいので、探偵や興信所に頼むのが一般的です。

 

興信所では家出人探しを1案件最低10万円程度から請け負っているところが多いです。

 

ですが、探偵事務所や興信所によっては調査のために探偵が支出した費用や経費は別に請求されますし、日数が伸びればその分も追加で請求されるケースもあります。

 

事前に無料相談の際に、料金体系や追加料金などの取り決めをしっかり確認しておきましょう(優良な探偵や興信所であれば何も言わなくても相手から説明があります)。

 

 

具体的な調査方法ですが、興信所は依頼があると、まず家出をした痕跡のある場所に目をつけてどこへ行ったかを調べます。

 

そしてある程度のあたりをつけたら、その周辺をしらみつぶしに探すことで、目標を見つけます。

 

難易度によっては時間や手間がかかるために、料金は何倍にも増えることもあり得ます。

 

 

特に問題なく情報が集まり足取りがつかめれば、長くても家出人が見つかるまでの日数は基本的に1週間以内程度が多いです。

 

失踪した人を見つけるためには詳細な調査と人海戦術が有効で、その時には1週間程度の日数ですが、ただしそれは探偵や興信所に依頼するまでの期間が数日以内と短い場合の話です。

 

失踪や家出してから2、3日以内にに探偵や興信所に依頼してきたという場合には、まだ近くにいる可能性も高いのですぐに見つかることも珍しくありません。

 

逆に家出や失踪してから1週間以上経過した場合は所在確認できる確率が大幅に低くなるというデータがあるように、経過が長くなれば長くなるほど調査は難航します。

 

1日も早い探偵や興信所への相談が望まれます。

 

信頼できる探偵

 

家出してから時間経過が短いほど情報の量や質も高く、発見しやすい

家出調査は探偵事務所へ依頼

 

探偵が家出人を探す方法と言っても特別なことをするわけではなく、地道な調査活動で対象の居場所を絞り込んでいきます。

 

しかし、情報網が非常に広いものであるためほんの僅かな手がかりでもあれば家出人を突き止める事ができる可能性は高いものとなってきます。

 

逆に情報量が不足していればいくらプロと言っても消息の知れない相手を探しだすことは容易ではありません。

 

 

探偵は小さな情報を頼りに家出人の足取りを追跡するものとなっていて、情報量が多ければ多いほど発見できる確率は高くなります。

 

情報網の広さが素人とプロの大きな違いとなっていますが、家出人に関する情報が少なければ足取りを追うのはプロと言っても簡単なものではなく、ほとんど情報がないのであれば発見は極めて困難なものとなってしまうこともあります。

 

 

それでも一般人が探すよりは人を探す能力やノウハウに長けているので、些細な情報から家出人を見つけてくれます。

 

成功するかどうかというのは元の情報量の多さや質、いなくなってからどれだけ時間がたっているのかということがポイントとなります。

 

そのため、いなくなってから早い段階で情報量も多いとなれば成功率は高く、その逆だと失敗率が高くなるということです。

 

信頼できる探偵