家出調査 GPS

GPS機能を利用して、家出人を捜索することができるのでは?と思うが・・・

家出人の捜索

 

スマホで家出人を捜索する方法とはどういうものでしょうか?

 

電話・メールだけでなくインターネットに接続して調べものをしたり、財布代わりになったりと非常に便利で、今や肌身離せないスマホ。

 

これを逆手にとって、SNSや地図アプリを入力する際に活用するGPS機能を利用して、家出人を捜索することができるのでは?と思う方も多いでしょう。

 

さらに、携帯電話会社に依頼をして、家出人の位置情報を特定してもらったり、通話履歴などの情報を提示してもらったりすれば、あっさり見つかるはず。

 

しかし、そう簡単にはいかないのが現実です。

 

せっかくGPS機能があるのに捜索には使えない…?

 

実は、個人で携帯電話会社に事情を説明して依頼しても、ほとんどの場合拒否されてしまいます。

 

警察に要求されたときのみ、こうした情報を開示するようになっており、個人情報保護法により例え家族であっても公開されないのです。

 

そして、刑事事件に巻き込まれた場合や、生命の危険がある場合などの一大事でしたら、警察も携帯電話会社に調査協力を促してくれますが、「家出の恐れあり」程度ではほとんど協力してくれないのが現状です。

 

また、当人がスマホのGPS機能をオンにしていれば良いですが、オフにしていた場合、かなり難しくなります。

 

しかし、生命の危険が迫っている可能性が高くても警察にも捜索願を受理してもらえない、となれば探偵事務所・興信所に頼るしかありません。

 

携帯電話情報はもちろん、聞き込みやわずかな情報から推測した調査を迅速に行ってくれるため、警察に任せるよりも発見の可能性が非常に高いです。

 

発覚した際にできるだけ早く依頼をすればするほど発見率が上がるためなるべく早く相談しましょう。

 

信頼できる探偵

 

家出調査に費用は難易度によって様々

家出人の捜索

 

家出調査の料金はあくまでおおよその見積りであることがほとんどで、具体的な料金はあまり決まっていないという傾向にあります。

 

これは家出調査自体が長期化する可能性があり、家出の経緯などを踏まえたうえで見積もりをしていくということになります。

 

それでも、1日にかかる調査費用と日数をかけたものが料金となることが大半で、難易度に応じて着手金の額面を変えるところが多く存在します。

 

一般的に着手金+成功報酬と言うところが多いです。一概には言えませんが、通常の難易度であれば30万〜50万円あたりが相場かと思います。

 

また、稀に家出調査に関しては、完全成功報酬制を採用しているところもありますが、実際にそれで行うかどうかは探偵次第ということになります。

 

家出調査の方法ですが、インターネットやSNSといったものを最大限活用するやり方はもちろんのこと、探偵にも独自のネットワークが存在します。

 

そうしたものを活用し、実地調査などで聞き込みをしていくということも行われます。

 

特に家出をして間もない時期は足跡を辿ることは容易であり、友人に聞く、実際にいなくなった場所を中心に調査するなどのことをするだけで重要な手がかりをつかむこともできます。

 

年齢を重ねてしまうと、インターネットやSNSなどの使用はあまり考えにくいため、難航が予想されますが、行動範囲が狭く、聞き込みを重ねていくことで見つかるケースがほとんどです。

 

信頼できる探偵