家出したい 社会人

もし数日経って全く連絡がとれなければすぐに相談を

大人の家出

 

【どこに家出をするのか】

 

家出というのは、未成年ばかりではなく、社会人になっても家出をしたいという欲求を抱く場合があります。

 

仕事のことや、家庭に事など、悩みを抱えている時に、逃げ出したいというのであれば、これまでとの関わりがない場所であり、関わる人がいない場所ということになります。

 

その条件を満たす場所と考えるのであれば、人のいない地方都市、というのが最も最適です。

 

また、時としては逆に人が多いところに紛れるという事もできます。その場合には都心部に隠れるという事もできます。

 

家出したい人間が、人混みの中にいるというのは、矛盾しているようですが都会の人間は他人に無関心ですから、かえって孤独になることが出来るのです。

 

いずれにしろ地方でも首都圏に行くにも、自分を知っている人間がいない場所へ行きたいと思うのは、家出する人間の心理ではあります。

 

【家出中の生活】

 

家出したいという人間は、必ずしも自殺願望を抱いているのではなく、それまでの生活から逃れたいという気持ちを抱いているだけの場合も多々あります。

 

生活をするためには仕事と住む場所が必要です。

 

正社員として働く場合には、殆どの場合に身元保証人が必要となります。

 

そのためにこれまでの関係を断ち切っている以上それは無理です。

 

そのために身元保証人無しでも働くことが出来るアルバイト、パート、短期の契約社員いったものになります。

 

住まいは住み込みの仕事をするか、ウィークリーマンションなどであれば、手軽に見つけることが出来ます。

 

ですが、厄介なのは今の現状に絶望してる疲れ切った状態での家出です。

 

子供の家出と違って大人の家出は自殺の可能性が跳ね上がります。

 

もし数日経って全く連絡がとれないようでしたら、手遅れになる前に探偵なり興信所へ相談してみてください。

 

1週間以上経つと警察だけではなく、探偵でも所在調査の難易度が急激にあがり、発見できる確率が一気に下がります。

 

大人の家出を楽観的に考えるのは非常に危険です。

 

信頼できる探偵

 

大人の家出

 

自分の居場所がないと感じた時には子供ではなく社会人でも、家出したいと思うことはあるものです。

 

家族仲が悪かったりすると、自分の居場所がないと感じます。

 

そんな時に家出したいと思い、ふと実行することもあるものです。

 

仕事がうまくいっていないけれど、家族に相談したらあまり親身に相談に乗ってもらえないことでも悩みます。

 

本人は深刻に悩んでいるのに、自分が悪いと言われてしまうと居心地が悪くなるものです。

 

職場でイジメに遭っていたりすると、本当に辛い思いをしています。

 

うつ病などの病気になる前に退職したい人もいます。

 

家族には味方でいてほしいと心の中では考えているのです。

 

結婚を反対されたことで家出をした社会人の女性も知っています。

 

そろそろ結婚したいと思っていても、交際している人のことを家族から反対されたとします。

 

自分が選んだ人なのに、家柄や学歴などを考えて反対されてしまうと辛いです。

 

家族の好みで結婚相手を決められたりすれば、誰でも不信感を持ちます。

 

大人になれば、両親の考え通りには人生を決めたくはないものです。

 

子供だと思っていると、いつの日か家にいることが嫌になります。

 

自分の良いと決めたことを反対されると、居場所がないと感じます。

 

家族には理解してもらえないと思い、家出をしたくなる人もいるものです。