家出 行き先 中学生

中学生が家出するときはどこに行く?行きそうな可能性のある場所を全部あげてみる

家出調査 

 

中学生にもなると、思春期に入り親と衝突することも増えてくるかと思います。

 

そんな時に家出する行き先としては、まず友達の所でしょう。

 

携帯電話を持っている子供も多いので、安易に友達と連絡を取ることができるでしょう。

 

友達と連絡が取れ、友達の家が大丈夫なのであれば友達の家に行くでしょうね。おそらく。

 

しかし、現状は友達の家も家出してきた中学生を迎えるほどやさしくはないでしょうからダメだといわれれば、男の子ならその友達とゲームセンターに行く可能性もあります。

 

ゲームセンターは深夜までやっているところがほとんどなので、時間を潰すにはもってこいの場所だと思われます。

 

ゲームセンターが閉まってしまえば、中学生ならおこずかいももらっているでしょうから24時間営業のファミレスに行く可能性もあります。

 

そこでドリンクバーだけで朝まで過ごすことも可能です。

 

また、彼氏や彼女がいた場合は連絡を取り合って彼氏や彼女の家に行く可能性もあるでしょう。

 

2人で一緒に家出などという可能性も考えられます。

 

子供以上、大人未満の難しい年ごろですから危ないことも平気でやってしまう可能性もあります。

 

1人で夜間いるところを、絡まれたり、または最悪の場合は犯罪や事件に巻き込まれることも考えられますので家出してしまった場合は、早急に探す行動に移した方が良いでしょう。

 

中学生はどうして家出をするの?家出の原因と家出人の心理

家出調査 

 

子どもの頃に親と大喧嘩をしてしまった経験は、誰しもが持っているものです。

 

仲がいいほどけんかをすると言いますが、けんかをした時にはそんな気持ちを思い出す余裕すらありません。

 

家族や親とのいさかいがきっかけで外に飛び出してしまう場合もあります。保護される立場のまだ幼い子どもが家出をすると、家族にとって大変心配なことです。

 

中学生の家出のきっかけはどのような事でしょうか。また、その心理状況はどうなのでしょうか。

 

小学生のような幼い子どもは、周囲の大人に見守られている安心感を心地よいものと感じ、その中に身を置いていることも多いでしょう。

 

その安心感に疑問を持つことも少なく、家庭と学校での時間を過ごしながら成長していきます。

 

しかしながら、中学生になってくると大変多感な時期を迎えます。

 

親の心配や期待を今までのように素直に受け止められず、窮屈に感じる場合もあります。

 

自分自身の事だけ精一杯になってしまうのではなく、周囲に対してもちゃんと意識をめぐらすことが出来るようになります。

 

様々な状況に気付き、考えることが出来るようになります。例えば、両親の不仲があったとして、それを親は隠していたとしても敏感に感じてしまうものなのです。

 

多感な時期の苦しみは家出のきっかけになります。

 

突発的に見える中学生の家出でも、その前兆はあるはずです。

 

様々な方法で不安や不満のサインを出しているものです。

 

家出をしてしまう心理としても、自分では処理できない不安や悲しみに気付いてほしいサインでもあるのです。

 

信頼できる探偵