妻 家出 子供連れ

もし、数日経って連絡がない場合は警察や探偵に相談を

家出人を探す

 

妻が子供連れで家出した場合、一般的な行き先としては実家に帰っている事が多いです

 

妻が子供連れで家出をしてしまったという人は、まずは実家に帰ってきていないか電話をしてみる事を推奨します。

 

自宅から飛び出してしまう主婦は、大抵は家事や育児に疲れているもので、その疲れを癒すために実家に戻っている事が珍しくありません。

 

しばらくは親に家事を任せて、自分は心を癒す時間を求めている事が多いからこそ、まずは実家の方に連絡を入れる事が重要です。

 

ただし自宅まで連れ戻すつもりで実家に乗り込むと、相手の親御さんに警察を呼ばれてしまう場合もありますから、まずは電話越しの話し合いが重要となります。

 

その他の妻の子供連れの家での行き先としては、実家の近辺に引っ越している場合もあります。

 

妻が実家にも帰っていないようで困っている場合には、どこに家出をしたのかバレないために、実家の近辺に引っ越している可能性を疑ってください。

 

実家の近辺に引っ越す事によって、もし旦那さんが実家まで乗り込んできても、どこにいるのかバレにくくできますし、すぐに親御さんを頼る事ができます。

 

探偵や興信所は実家の近くに捜索対象がいる可能性を疑って、張り込みをしてくれる場合もありますから、実家にはいないと思い込まない事が重要です。

 

しかし本当に実感の近くにいない可能性も考えて、家出をしてから2日や3日が経った頃には、警察や探偵に相談するようにしてください。

 

実際に警察や探偵のデータでも家出人は1週間を経過して連絡がない場合、その後の家出人調査をしても所在確認できる可能性が著しく下がるそうです。

 

万が一を考えて早めに行動してください。

 

信頼できる探偵

 

DVや愛人など理由は様々

家出人を探す

 

DVを受けている母親であれば子供連れで家出をする妻もいます。

 

居心地が良い家庭であれば、出ていこうと思う人は当然いません。家出する理由は、旦那から暴力を日常的に受けているなどの理由であることが多いです。

 

仕事がうまくいかなかったり、会社の人間関係にストレスを感じて妻に八つ当たりする人もいます。

 

そんなことが日常的になると、誰でも嫌になります。

 

気に入らないことがあると、自分に暴力を振るうようになる男性がいます。

 

そして、子供にも被害が及ぶと母親でもある妻は家出することになるというケースも実際にあるのです。

 

母親なら、自分の産んだ子供を守ろうとするのは当然。ここにいると危ないと感じれば逃げるのでしょう。

 

通常は実家に帰ろうとする人が増えます。とにかく旦那の元にいると、身の危険を感じているのです。

 

また、愛人を作られているというパターンも少なくありません。

 

結婚しているのに、外で愛人を作られていると感じれば家出したくなります。

 

妻の立場としては、すごく傷つくし辛いことです。

 

愛人がいるなら、旦那に見切りをつけて子供を連れて出ていこうと感じることもあるでしょう。

 

子供だけ置いて出て行くことは出来ません。もう旦那とは別れたいと感じていても、子供が幸せにはなれない場所には置いていけないものです。子供を産んだ母の責任としては、子供を守りたいと感じます。

 

旦那とは別れても良いから、子供を連れて家出したくなるのです。