家出人 見つからない

まずは知り合いに聞いたり自宅周辺を探すことから始める

家出人を探すためには

 

まずは知り合いに聞いてみるのが良いでしょう。

 

家族が家出をしてしまうこともあります。

 

喧嘩をして出ていくと言ってから、一日中帰ってこないこともあるものです。

 

そんな時は、心配になりますが自分で探す方法としては、知り合いに聞いてみましょう。

 

家出しても野宿をすることは誰でも不安です。

 

まずは知り合いや友達に泊まって良いのか聞く人が多いと言えます。

 

連絡先を聞いておき、誰の家に泊まっているのか確かめてみましょう。

 

喧嘩した場合は、冷静な気持ちになりたいものです。

 

すぐに帰ることは求めずに、泊まっている場所を確かめて安心しましょう。

 

次に自宅周辺を探すことも有効な手段です。

 

突発的に家出をする人は、後先のことを考えていない可能性があります。

 

すぐには遠くまで行かない人が多いです。

 

所持金もなければ、あまり遠くまでは行けません。

 

まずは自宅の周辺に隠れていないか、近くのコンビニなどへ行き探してみましょう。

 

もしかしたら、コンビニなどで雑誌を読んでいたり暇潰しをしているかもしれません。

 

近くの公園などで寝ているかもしれないです。

 

マンガ喫茶など一日を過ごすような場所があれば、そこへ行くことも一つの方法です。

 

1000円〜3000円程度で泊まれるような場所があるなら、家出をした人が行きそうな所と言えます。

 

事件性がなければ基本的に警察は家出人を捜索することなどありません

家出人を探すためには

 

自分でやれる範囲で探した後は即座に友人や知人に連絡をすることです。

 

家族や恋人などが家出をして見つからない時には、ただ帰りを待っているだけでなく、即座に友人や知人に連絡を入れておく事が重要です。

 

もし行方が分かったら教えてほしいと伝えておくだけで、家出人の行方が分かる場合もありますし、相手が行方を知らないという情報を掴む事も大切です。

 

友人や知人などに話を聞いて回っても、誰も行方を知らないという情報を探偵や興信所のスタッフに伝えておくだけでも、捜索の手間を省く事ができます。

 

知り合いが行方を知らない場合には、かなり遠くの地域にまで移動している可能性を考えて、捜索範囲を早期に広げる事も可能です。

 

その後は、まずは警察に捜索願をすぐに出しておきましょう。

 

家族が家出をしたぐらいで警察に相談をするのは、迷惑がられると思ってしまう人もいますが、そのような事は決してありません。

 

警察はいつでも捜索願を受け付けてくれて、もし家族が警察のお世話になるような事があれば、データベース上で照会をして家出人なのか判別をしてくれます。

 

そして警察から連絡が入る事によって、家族の行方が分かったという人も多く、捜索願は即座に活用するべきです。

 

生存連絡を依頼しておく事によって、警察から連絡が入る可能性を高める事ができます。

 

ですが、あくまでそれは家出人が警察を頼ったり、保護された場合のことであって、事件性がなければ基本的に警察は家出人を捜索することなどありません。

 

その際は、やはり探偵や興信所に頼らざるを得ないでしょう。

 

確かに費用はそれなりにかかりますが、1週間以上経って連絡がない場合の所在確認できる確率は著しく低下するというデータもあります。

 

相談だけであれば無料でも出来るので、いざという時に捜査してもらえるように早めに検討しておきましょう。

 

信頼できる探偵