家出 母

母として主婦としての苦しみを理解してほしい

家出人を探すためには

 

母親の家出で多い心理としては、主婦の苦しみを分かってほしいと考えていることが多いそうです。

 

旦那さんとお子さんをおいて家出をしてしまう母は、普段から自分が家事を頑張っているにも関わらず、その頑張りを認めてもらえない事を不満に感じている人が多いです。

 

自身が家から出て行く事によって、残された旦那さんが買い出しや皿洗いなどを行う必要があるからこそ、家事の大変さを分かってくれるはずだと考えています。

 

そういう方々はある程度は旦那さんが家事の大変さを理解したら、家に戻ろうと考えている事も珍しくありません。

 

しかし家を出て行く直前に喧嘩をしていたり、旦那さんが浮気をしていた場合には、家に中々戻ってこない場合もあります。

 

また、お互いの悪い点を考え直す時間を求めているケースも考えられます。

 

家出をする母の中には、旦那さんだけでなく自分自身にも仲違いの原因があると考えている事も多いです。

 

自分のどこが悪いのか考える時間がほしくて、家から飛び出してしまう人も少なくありません。

 

それと同時にお互いが離れる事によって、旦那さんも自身の問題点を見つけてくれるのではないかと考えています。

 

今すぐ話し合っても喧嘩になるだけだと考えて、一旦は距離を置こうとしている女性は、一週間も経たずに自宅に帰ってくる事も珍しくありません。

 

実家など心あたりを探しても数日連絡がない場合は危険信号

家出人を探すためには

 

2〜3日中に帰らない場合は、まずは実家に連絡をすることから始めてください。

 

世の中の夫婦は、うまくいくことばかりではありません。

 

喧嘩をして家出する人もいるものです。

 

母が出て行く場所として挙げられる行き先は、実家と言えます。

 

何か問題が起これば一番に帰りたい場所です。

 

もし、喧嘩をして出ていってしまったなら、すぐに母の実家に連絡しましょう。

 

別の場所へ行っていたとしても、実の家族に話さない人はあまりいません。

 

結婚しても一番に頼りたい場所は、実家の家族です。

 

親しい友人の元へ行く人もいるかもしれません。

 

普段から緊急の連絡先は聞いておきましょう。

 

初日から1週間経って、もし何の連絡もなければすぐに探偵依頼すべきです。

 

家出をした人がすぐに帰ってくれば良いですが、居場所がわからないこともあります。

 

心の病気になっている人が孤独を感じると、最悪のケースでは自殺することも考えられるのです。

 

警察に相談しても、家出では探してくれないことが大半です(事件性がないと警察は捜査することはありません)。

 

探偵なら、警察に頼めないこともお願い出来るのです。

 

どのくらいの期間に帰らなければ探偵依頼を考えた方が良いのかというと、なるべく早めが良いと言えます。

 

初日から1週間程帰らなければ危険です。

 

女性の場合、犯罪などに巻き込まれてしまうと危ないと言えます。

 

なるべく早く居場所を突き止めなければなりません。

 

また、子供と違って大人の家出の場合は自殺の可能性もすごく高くなります。

 

いずれにしろ家出後、1週間以上経過すると所在確認できる件数が激減するので、数日経った時点で探偵や興信所へ相談を検討しておきましょう。

 

相談だけであれば無料で済みます。手遅れになる前に、後悔する前に今最善の行動をとりましょう。

 

信頼できる探偵