家出 行動パターン

性別や年齢で家出する行き先にも傾向がある

家出する女性

 

女性が家出をした時の行動パターンとはどのようなものなのでしょうか。

 

家出というのは、する人によって行動パターンというのがあるものです。

 

女性の場合には、知人・友達に声をかけて、かくまってもらうということがよくあるものです。

 

 

子どもの場合には金銭的な問題などが関係してくるため、あまり遠くにはいけないもので、成人女性の場合は子どもよりは行動範囲が広がるものの、頼れる知人・友達がいる場合には、そういった人を頼りにして行動をすることが結構あるものです。

 

 

このように、年齢や性別によってある程度、傾向というものがありますので、知っておくのも良いものです。

 

 

では、男性が家出をした時の行動パターンはどうでしょう。

 

一方、成人男性が家出をした時のパターンですが、女性よりも金銭的に余裕がある場合が多いため、かなり遠くに行くということがあります。

 

時には自殺を考えて、単独行動に出ることもありますが、そういった行動が最悪自殺へとつながってしまう危険性もあります。

 

つまり、女性のように知人や友達の家には足を運びにくくなることが考えられるわけです。

 

ちなみに、家出をした際の行き先としては、昔旅行で行った場所や住んでいたことがある場所など、まったく行ったことのない場所というよりも、多少の思い入れがある場所を選ぶことがあるものです。

 

警察は事件性がないと捜索できないし、動ける時は手遅れの場合も

家出する女性

 

家族や恋人が家出をして行方不明になる原因として、最悪のケースでは、女性の場合は通りを歩いている時に車に無理矢理乗せられて拉致されるケースがあります。

 

 

また、人身売買を目的として近隣の国の人が拉致をした日本人を船で連れ去るケースもあるので、家族や恋人が家出をしていても、数日したら帰ってくるだろうと探そうとしないで過ごしている間にも、国外に連れ去られようとしていたり、監禁されるなどのトラブルに巻き込まれている可能性もゼロではありません。

 

 

家族や恋人が家出をしてしまう原因には、仕事のストレスや借金の問題などがあり、精神的なストレスに耐え切れなくなり、誰の目にも触れない場所で死に場所を探しているケースもあり、発見が遅れるほど取り返しのつかないケースが起きるので、できるだけ早く探し出すことで最悪のケースを避けることができます。

 

 

家出人の捜索を警察に依頼しても警察は事件性が不十分だと本格的な捜査ができないのすが、警察に事件性が認められてからでは取り返しが付かないケースがほとんどです。

 

警察で事件性が不十分でも捜索をしてくれる探偵事務所や興信所を利用することで、家出人が事件などに巻き込まれる前に見つけてもらうことが可能で、早めに相談するほど見つけてもらえる可能性も上がります。

 

信頼できる探偵