家出調査 探偵 依頼

写真、生年月日など個人情報がわかる書類、車の車種やナンバープレート、電話番号、家出人の趣味など

家出調査は探偵事務所へ依頼

 

家出調査や人探しの方法はいくつかありますが、一番効率が良く成果があられるのは探偵に依頼する事です。

 

探偵に依頼するにはもちろん依頼料が必要になります。

 

家出調査や人探しは期間が長くなれば、場合によってはかなり高額になってしまう事もあります。

 

 

しかし、警察に頼っても、捜索願だけでは、事件性がない限り捜査することはなく、もちろん大掛かりな捜査を行うわけではありませんので、成果はあらわれません。

 

自分にとって大切な方が家出をするという事は、ショックな事実を突きつけられると同時に、家出をした方が犯罪に巻き込まれない内に探し出さなければなりません。

 

その為、時間との勝負になり、できるだけ短期間で探し出す必要があります。

 

大切な人や家族を守る為にも、数日経って連絡がないようでしたら、手遅れになる前に費用がかかっても探偵や興信所など業者に頼むべきだと思います。

 

 

探偵に依頼する際に提出する書類は、写真、生年月日など個人情報がわかる書類、車の車種やナンバープレート、電話番号、家出人の趣味などがわかる書類です。

 

情報は多ければ多いほど、家出調査で所在確認できる確率が高くなるので多く提出しましょう。

 

特に、家出した本人の写真は複数枚必ず必要になります。

 

 

家出をされた方の行動パターンというのは、いったん離れても地元での行動と似通った行動をするので、行動範囲を捜索する時に写真が必要です。

 

また、趣味も重要になってきます。行動を予測するのに、好きなものから辿っていく事は、基本です。できるだけ早期に解決するために詳しい情報を提供しましょう。

 

 

家出調査は家出してから1週間以内であれば8割近い確率で所在確認ができるというデータがあります。

 

逆に1週間以上経過して全く連絡がない場合は、すでに近くにはいないケースや事件性の可能性もあります。

 

家出調査は1日でも早い対応が望まれます。

 

信頼できる探偵

 

児童相談所や児童相談センターなどの施設は、警察が補導した家出中の子供を保護している場合があります。

家出調査は探偵事務所へ依頼

 

未成年者が家出した場合、児童相談所や児童相談センターなどに相談することができます。

 

街で挙動不審な子供を見かけた時に、警察は声をかけています。

 

児童相談所や児童相談センターなどの施設は、警察が補導した家出中の子供を保護している場合があります。

 

 

これらの施設が保護する子供は、何度か家出を繰り返していたり、児童虐待による家出の可能性があることも少なくありません。

 

家出した子供達がその後、暮らしに困って非行や犯罪に走るケースも考えられます。

 

 

このような子供達による非行や犯罪を未然に防ぐために施設は、子供達を最大2ヶ月の間預かってくれます。

 

2ヶ月の間に親と子供、学校などにより話し合いが行われ、何も問題がなければ子供達は自宅に戻されます。

 

 

しかし、親が子供の行動を管理できない場合や、育児ができないと判断された場合は、継続して保護されることもあります。

 

このような施設は子供を一時的にあずかるだけでなく、「子供が幸せに暮らすためにはどうすればよいのか」、「子供が非行に走る前に、親はどう対処すべきなのか」というような相談に対して、子供との接し方や具体的なアドバイスを行っています。こ

 

ういった問題が改善されるまで、定期的に相談することも可能です。

 

⇒厚生労働省による全国児童相談所一覧はコチラから