家出調査 自分で

知らないうちに犯している犯罪行為に注意する

家出人調査は探偵へ

 

自分で家出人探しをするときには、犯罪行為をしないように注意が必要となります。

 

家族が家出してしまってすぐに見つける必要があるときには、警察や探偵に依頼するという方法もありますが、即効性があり費用が掛からないという点では、自分で探すという方法をとる方も多いと思います。

 

しかしその時には犯罪行為を思わずしてしまわないように注意することが必要です。

 

家出人探しにおいては家を出る前の痕跡に家出先がわかる証拠が残っていることが多いです。

 

そのため家族の家を捜索してみるのが得策ですが、もし他人の家であった場合には不法侵入罪の可能性がありますし、他人のパソコンに不正にログインしてメールを確認することは、不正アクセス禁止法により処罰される可能性があります。

 

自分で家出人探しをする方法とはどんなものがあるのでしょうか。

 

行方不明の人物を探すときにはまず、その人の自宅を調べるのが一番で、犯罪とならないように大家さんや親族の了解を得てから調べるのがいいです。

 

ロックがかかったメールを調べるのは不正アクセスになりますのでやめて、自宅にある本や情報誌から外出先を特定するのがいいです。

 

またスマートフォンを持っていればGPS機能を使用できることがありますので、それを使用して見つけるという方法もあります。

 

探偵に依頼する際は出来る限り多くの情報を渡すことで成功率は上がり金額も安く済む

家出人調査は探偵へ

 

探偵や興信所への依頼を検討する場合に、家出人探しに必須の情報とはどのようなものでしょうか。

 

家出人探しを探偵に依頼する時に最低限必要な情報となるのは調査対象の名前と外見がわかる写真など、それに加えて依頼人との続柄、失踪前の状況といったような情報になります。

 

名前と外見に関しては家出人を捜索する際に当然必要になりますし、続柄についてはその依頼が何らかの形で悪用することを目的としたものではないかどうかを判断するために必要なことです。

 

こういった情報に関しては絶対に必要になりますから、探偵に相談する前に一通り準備しておくようにしましょう。

 

探偵や興信所へ家出人の渡す情報は多いほど成功率が上がるものです。

 

基本的に探偵の家出人探しに最低限必要な情報となるのは先に述べた通りですが、渡す情報は多いほど成功率は上がると考えておくことが必要です。

 

捜索対象の好きな場所や好きなもの、以前に行きたいと言っていたところやよく行っていたところなどの情報があればそうした疑いの強い場所を優先的に調査できるようになります。

 

調査個所の絞り込みが出来れば必要なところに注力することが出来ますから発見までの時間を短くすることが出来ますし、時間が短くなれば費用も節約できるのです。

 

「この情報は無くても良いだろう」と考えると成功率が下がることになってしまいますから、どんな些細なことであっても伝えて調査に活用してもらうようにしましょう。

 

信頼できる探偵