家出 心理

人が家出をする心理とはなんなのか

家出をなぜするのか

 

家出の経験がある人は意外と多く、その理由は一時の感情によるもの、積もり積もった因縁によるものなど様々です。

 

ただ、いずれにしてもこのままでは自分はおかしくなってしまうという正常な心理状態でないことは明らかで、いわば防衛本能のようなものでしてしまうということが考えられます。

 

要するに、自分の人生を家族によって狂わされる、家族によって壊されることを恐れ、それで家出をしてしまうことになります。

 

中には身勝手な理由もありますが、多くのケースでは家族との対立が激化した場合に家出が起きやすくなります。

 

昔によく見られた駆け落ちも、いわば家出の一種ですが、この場合も自分たちの結婚が認められない、一緒になることを反対されたという理由で、このままでは人生が台無しになってしまうということで抜け出してくるというのがよく見られました。

 

家族とのコミュニケーションがこれ以上はうまくいかないのではないかという心理に陥り、それがそのような行動に走らせます。

 

そのため、家出をされた場合には、もう二度とそういうことがないよう、コミュニケーションのとり方、自分たちに落ち度がなかったか、考え方を改めるべきかという検討を捜索と合わせて行うことが求められます。

 

家出をした人はどこへ行く?行き場所のパターンとは?

家出をなぜするのか

 

家出をした子どもはどこに行くパターンが多いのか?

 

家出をした人の行き場所というのは、その人がどういった人かである程度傾向があるものです。

 

例えば、小さな子どもの場合ですと、年齢制限などの問題で、できることには限界があるものです。

 

ですから、行動パターンというのは、ある程度限られてきます。

 

よくあるのは、公園に行くというものです。

 

雨宿りができたり、人目につきにくい公園であれば、居やすいですから、そういった公園をチェックしてみるのも良いでしょう。

 

また、大型のスーパーというのもよくあるものです。こういった施設は子どもが一人でいても特におかしくな感じがしませんから、居やすいものです。

 

逆に大人が家出をした場合にはどこに行くのか?

 

大人の場合には子どもと違って行動範囲を広げやすく、居場所の選択肢も広げやすいものです。

 

例えば、ネットカフェであれば24時間いつでも滞在できて、雨がしのげますし、飲み物が無料で飲めたり、シャワールームが使える施設もありますから、居心地が良いものです。

 

その他、友人や同僚に頼って、部屋を貸してもらうといったパターンも考えられます。

 

家出をした時には、拉致や強姦などのトラブルが怖いものですから、お店や知り合いの家を行き場所とすることは大いに考えられます。

 

信頼できる探偵